歴史地震の研究-1-天正13年11月29日(1586年1月18日)の地震の震害,震度分布および津波について  [in Japanese] Investigation of Histovical Earthquakes (1) : Earthquake Damage, Distribution of Seismic Intensity, and Tsunami of the Tensho Earthquake of 18 January 1586.  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

天正13年11月29日の地震の古資料の収集を行い,それらを調べ直して解析し,震害の全貌を明らかにし震度分布を求めた。また震源の位置,地震の規模を定めた。震源地は伊勢湾内であること,地震のマグニチュードは8クラスであることを示した。なおこの地震の津波の規模および被害について新に見解を述べた。

Journal

  • Bulletin of Aichi Institute of Technology. Part B

    Bulletin of Aichi Institute of Technology. Part B (13), p161-167, 1978-03

    Aichi Institute of Technology

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110000043308
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00007801
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03870812
  • NDL Article ID
    2033193
  • NDL Source Classification
    ME15;M035;M011
  • NDL Source Classification
    ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL Call No.
    Z14-355
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top