<研究報告>1978年伊豆大島近海地震の被害と震度について Damage Caused by the 1978 Izu Ohshima-kinkai Earthquake

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1978伊豆大島近海地震による被害を,1月21,22の両日,東伊豆町,河津町,天城揚が島町,下田市を中心に調査した。死傷者数,全半壊家屋数,斜面崩壊数など被害の全体を把握するとともに各地の被害についても調査した。また,墓石の転倒,回転,移動についても調査した。調査より,被害は稲取から天城峠方向に推定される断層近傍に集中し,特に斜面崩壊による被害が多いことがわかった。墓石被害の調査からも断層近傍で震度が大きいことがわかった。以上の点より今回の地震は1974伊豆半島沖地震と類似していることがわかった。

収録刊行物

  • 愛知工業大学研究報告. B, 専門関係論文集

    愛知工業大学研究報告. B, 専門関係論文集 14, 193-198, 1979-03-31

    愛知工業大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000043361
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00007801
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03870812
  • NDL 記事登録ID
    2048028
  • NDL 刊行物分類
    M035(環境科学・自然災害・防災科学--地盤沈下・震災)
  • NDL 雑誌分類
    ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z14-355
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ