玄米および白米がマウスの成長と体力に及ぼす影響(その1) Effects on Growth and Bodily Strength of Mice caused by Unpolished Rice and Polished Rice (Part I)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

1. 体重においては,群別にみると4群の伸びが最も良く,次いで3群・2群・1群の順であった。各群についてみると,いずれも玄米群が白米群を上回った。その差は4群・3群・2群・1群の順に大きかった。飼育開始4週目まではいずれの群も増加がみられたが,それ以降は3群・4群の玄米飼育のマウスの増加は良かったが,他の群のマウスの体重は殆んど増加しなかった。 2. トレッドミルランニングによる走行実験においては,1群の玄米飼育のマウスは白米飼育のマウスの2倍の運動負荷に耐えた。他の群においては白米飼育のマウスは玄米飼育のマウスの60~70%の走行時間で走行困難となり疲労度が多かった。走行前と走行後の心拍数の差は,走行後が33%増であり,各群の有意差はみられなかった。 3. 血液は,検査の結果,赤血球数・白血球数・血色素量すべて平均値の範囲内で,各群の有意差はみられなかった。

収録刊行物

  • 東海女子短期大学紀要 = The journal of Tokai Women's Junior College

    東海女子短期大学紀要 = The journal of Tokai Women's Junior College 9, 11-14, 1983-03-31

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000055419
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00056115
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    02863170
  • データ提供元
    NII-ELS  IR 
ページトップへ