<原著>性同一性障害患者の性差

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

性同一性障害患者に対して性別再判定手術(性転換手術)が正当な医療行為として国内で初めて行われたのを契機に, 近畿大学医学部附属病院精神神経科外来においても性同一性障害患者が受診するケースが増加している.今回, 我々は外来受診をした性同一性障害患者30名をMTF(male to female transsexual)とFTM(female to male transsexual)とに分類し, それぞれの臨床的特徴を検討した.個々の症例に対して, 初診時年齢, 職業, 子供の頃の遊び, 性別違和の病歴, 性的指向, 不登校の既往, 自傷または自殺企図の経験, 内分泌治療の有無, 外科的治療の有無を聴取し比較検討行った結果, 以下のことが考えられた.・MTF(1)社会適応の悪さが目立つ(2)polysurgeryの傾向がある・FTM(1)発症が比較的早期(2)性自認に揺るぎがないこういった結果を踏まえ, 性同一性障害患者の診断, 治療を行うには性差を理解した上で判断, 対応する必要があるといえる.

収録刊行物

  • 近畿大学医学雑誌

    近畿大学医学雑誌 25(2), 165-169, 2000-12-25

    近畿大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000061656
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00063584
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    03858367
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ