「は」vs「が」と日本語教育 Wa vs. Ga and Teaching Them in Japanese Classes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

「は」と「が」の使い分けは言語学的にも日本語教育においても難しい分野である。現在この両者の使い分けの原理としていくつかが挙げられているがそれらは取り立て助詞としての「は」の用法から必然的に生み出されたものである。この用法からの「は」の性格に格助詞である「が」がほぼ対立的な特徴を持って対峙しこれらの原理を構成している。この時「が」は単なる格助詞としての役割を越えた特殊なニュアンスや用法を持つようになる。主題文が文型として確立している日本語では、その教育現場において「は」の主題を提示する用法を分かりやすい文型の登場に合わせて積極的に教えてゆく必要があると同時に「が」の文は基本的に情報の原理を使うことでより広く使い分けの問題に対応できるのではないか。

収録刊行物

  • 信州大学留学生センター紀要

    信州大学留学生センター紀要 3, 45-59, 2002-03

    信州大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000088378
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11463447
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13467433
  • NDL 記事登録ID
    6563071
  • NDL 雑誌分類
    ZK21(言語・文学) // ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z71-F419
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ