臨地実習中における看護学生の "ヒヤリハット" 体験  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

医療技術短期大学部2年次3月の老年看護学実習,3年次4月基礎看護学実習,および2年次7月の老年看護学実習中の"ヒヤリハット"を学生の自己申告に基づいて分析した.自己申告した件数の内,患者の安全を脅かす可能性があると判断した内容は約50%であった.いずれの実習も実習目標,実習内容に関連したヒヤリハットが多かった.指導者の存在は,老年看護学実習では50~60%であったが,3年次基礎看護学実習では指導者の存在は15.8%であった.実習中の報告は,大半の学生がその場で行なっていたが,「自分自身で反省した」,「ヒヤリハット後も患者の状態が変わらなかった」という理由で指導者に報告をしていないこともわかった.

Journal

  • Bulletin of Nagasaki University School of Health Sciences

    Bulletin of Nagasaki University School of Health Sciences 14(2), 101-106, 2001-12

    Nagasaki University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110000092277
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11595980
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0916-0841
  • NDL Article ID
    6149473
  • NDL Source Classification
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL Call No.
    Z19-2533
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top