視覚課題としての仮名文字導入により言語能力に向上が認められた1症例 A child who showed improvement in speech ability after introduction of kana as a visual task

この論文にアクセスする

著者

    • 塩見 将志 Shiomi Masashi
    • 高知リハビリテーション学院言語療法学科 Department of Speech,Language and Hearing Pathology,Kochi Rehabilitation Institute
    • 笠井 新一郎 Kasai Shinichiro
    • 九州保健福祉大学保健科学部言語聴覚療法学科 Language Hearing Treatment Subject of Study,Department of Health and Science,Kyushu University of Health and Welfare
    • 稲田 勤 Inada Tsutomu
    • 高知リハビリテーション学院言語療法学科 Department of Speech,Language and Hearing Pathology,Kochi Rehabilitation Institute
    • 苅田 知則 Karita Tomonori
    • 高知リハビリテーション学院言語療法学科 Department of Speech,Language and Hearing Pathology,Kochi Rehabilitation Institute
    • 間野 幸代 Mano Sachiyo
    • 高知リハビリテーション学院言語療法学科 Department of Speech,Language and Hearing Pathology,Kochi Rehabilitation Institute
    • 山田 弘幸 Yamada Hiroyuki
    • 九州保健福祉大学保健科学部言語聴覚療法学科 Language Hearing Treatment Subject of Study,Department of Health and Science,Kyushu University of Health and Welfare

抄録

音声言語による発信が,ほとんど認められないコミュニケーション態度非良好児に対して訓練を行った.音声言語の発信を目標とした訓練を行う前段階として,まずコミュニケーション態度の改善(Ⅰ期)を行った.その後,視覚課題としての仮名文字を導入(Ⅱ期)することにより,音声言語による発信面の向上を促した.その結果,コミュニケーション態度は改善し,音声言語による発信能力に大きな変化が認められた.本症例の経過においては,視覚課題として導入した仮名文字が,音声言語による発信能力に変化をもたらす有用な手段の一つであることが示唆された.

We performed training in a child with poor communication attitude showing negligible"presentation in spoken language".As a preliminary stage of training to attain presentation in spoken language, communication attitude was improved(stage I).Subsequently, kana as a visual task was introduced(stage II)to improve presentation in spoken language.As a result, communication attitude improved, and marked changes were observed in presentation in spoken language.In the course of this child, kana introduced as a visual task was useful for improving presentation in spoken language.

収録刊行物

  • 高知リハビリテーション学院紀要

    高知リハビリテーション学院紀要 3(0), 31-35, 2002

    学校法人高知学園 高知リハビリテーション学院

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000093410
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11643653
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1345-5648
  • NDL 記事登録ID
    6481972
  • NDL 請求記号
    Z74-B959
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ