教育実習生の理科授業観察能力向上を図るワークシートの開発  [in Japanese] The Development of a Work Sheat for Improvement of the Pre-service Teacher's Observation Ability in Science Lessons  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では,教育実習生の理科授業観察能力向上を図るために,小学校,中学校共通の授業観察ワークシートを開発した。そして,教育実習期間における実習生のワークシートを分析し,その利用可能性を検討した。その結果,次のことが明らかになった。###(1) 開発した理科授業観察シートを利用することによって,実習生が「児童・生徒の学習」へ着目するようになる。###(2) 実習期間を通じて理科授業観察シートを利用することにより,授業観察における記述が増加する。###(3) 実習生は「評価」に関わる項目についての授業観察能力が低い。###(4)理科固有の項目(観察・実験を効果的に行う工夫,予備実験,観察・実験の準備,安全管理,実験器具の取り扱い,薬品等の管理,教育機器の利用)について実習生の観察能力が低い。###こうした結果より,開発された理科授業観察シート利用の有効性が示されると同時に,今後の研究への示唆が行われた。

Journal

  • Journal of the Center for Educational Research and Practices

    Journal of the Center for Educational Research and Practices (7), 91-101, 2000-03

    Miyazaki University

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110000094173
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11795243
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13454803
  • NDL Article ID
    5428633
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-B281
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  IR 
Page Top