小児糖尿病患者と親の健康習慣と療養行動  [in Japanese] Lifestyle of Diabetic Children and Their Parents and DM Self-Care Behaviors  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ライフスタイルのなかの日常生活習慣に焦点を当て,1)糖尿病患児とその親の日常生活習慣と糖尿病管理に関わる療養行動との関連を調べること,および,2)子どもの糖尿病発症が家族の日常生活習慣に与える影響について調べることを目的に本研究を行った。対象は,6歳(小学校1年生)から20歳の小児糖尿病患者とその親で任意の承諾が得られた49組のペアである。小児糖尿病外来の待ち時間に,糖尿病患児に対し「子どもの健康習慣の質問紙」と「療養行動に関する質問紙」を,親に対し「親の健康習慣の質問紙」を用いて調査を行った。その結果,以下のことがわかった。1)糖尿病患児の療養行動と日常生活習慣で関連のみられた項目は,生活の規則性や清潔行動に関する項目であった。2)糖尿病患児の親の日常生活習慣,特に就寝時間は,糖尿病患児の日常生活習慣だけでなく,糖尿病の管理に関わる療養行動にも影響を与えていた。3)多くの親は,子どもの発病が家族の日常生活習慣によい変化をもたらしたと述べていた。以上の結果より,家族が日常生活習慣を整えていくように援助していくことが,糖尿病患児の日常生活習慣だけでなく,糖尿病の管理に関わる療養行動を適切にすることにつながると考えられた。

The purposes of this study are 1) to examine whether diabetic children's daily life behaviors associate with their parents' daily life behaviors, and 2) to examine whether diabetic children's and their parent's daily life behaviors associate with self-car

Journal

  • Journal of School of Nursing, Chiba University

    Journal of School of Nursing, Chiba University (19), 61-69, 1997-03

    Chiba University

Cited by:  1

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110000191974
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00142705
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0387-7272
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS  IR 
Page Top