ロケットによる電離層の直接観測 : IQSY期間中における荷電粒子密度の観測結果 Direct Observations of the Ionosphere by Sounding Rockets : Results of Charged Particle Density Measurements during IQSY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1964年1月1日から始まって1965年12月31日に至るまての2年間の大陽活動極小期国際観測年には,計11回の電離層荷電位子密度の顛剥が行なわれ,その中には到達高度1000km 上にも及ぶ,3段式のラムダ型ロケットが3機打ち上げられた.電子密度測定には共振探極法およびラングミュア探極法を用い,正イオン密度測定にはイオン・トラップ法および固定電圧のラングミュア探極法を用いた.この論文では測定器の概要と荷電粒子密度の測定詰果および議論を述べてある.

The eleven times of the direct observation of the charged particle density in the ionosphere were made at Kagoshima Space Center during the International Years of the Quiet Sun (Jan. 1964-Dec. 1965). 3 three-stage Lambda rockets and 8 two-stage Kappa rockets of which peak altitudes were about 1000 km and 350 km, respectively, were used for the measurement of the ionosphere. The resonance probe method and the Langmuir probe method were used for the electron density measurements, and the ion trap method and also the Langmuir probe method were used for the positive ion density measurements. In this paper, the summaries of the measuring instruments and the resulte and discussions of the ionospheric observations during IQSY are described.

収録刊行物

  • 東京大学宇宙航空研究所報告

    東京大学宇宙航空研究所報告 2(3_B), 1040-1064, 1966-09

    宇宙航空研究開発機構

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000196819
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00161914
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    05638100
  • NDL 記事登録ID
    8330001
  • NDL 雑誌分類
    ZN25(科学技術--運輸工学--航空機・ロケット)
  • NDL 請求記号
    Z16-331
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ