楠本端山の世界-『端山先生遺書』詩 訳注(その一) The world of Kusumoto Tanzan-Posthumous works of the late Kusumoto Tanzan-poems,annoteated translation(part1)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

これから紹介するのは,長崎の針尾島出身で,幕末の儒学者の,楠本端山(名は確蔵,後に後覚と改めた,字(あざな)は伯暁,端山は号,一八二八年〜一八八三年)が遺した漢詩集である。日本漢詩は,その価値がまだまだ十分に認識されていない。ましてや儒学者の仕事となると,存在すら忘れ去られているのが現状ではなかろうか。しかし,大方の予想に反して,儒学者のそれは,現代人の鑑賞にたえる魅力的なものが多い。儒学の伝統をふまえた人々の言葉であるがゆえに,かえって趣のある内容となっている,とも言えよう。端山の詩は,そうした優れたものの中でも,とびきりの表現と内容とを備えているのであり,だからこそ,ここに訳注を施すことにしたわけである。

収録刊行物

  • 都城工業高等専門学校研究報告

    都城工業高等専門学校研究報告 36, 29-40, 2002-01

    都城工業高等専門学校

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000214135
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00235996
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    翻訳
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0286116X
  • NDL 記事登録ID
    6299391
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-220
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ