プルーストと絵画あるいは喜びの島の心象風景との共生 PROUST ET LA PEINTURE OU LA VIE EN SYMBIOSE AVEC LES IMAGES CYTEREENNES : EXPOSEE A L'INSTITUT DES SCIENCES HUMAINES DE L'UNIVERSITE DE RISSHO A TOKYO

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

この世を表現することが現実よりさらに重要であると,バルザックに教えられ,そうした認識に至る時間をうまく獲得できたプルーストは,稀にみる記憶力と感性の持ち主であった。自ら記憶を正確に呼び起こしたり,自分の思い出が立ち現れる奇跡をひたすら待ってついに実現したのである。その上かれは一度に多くのことを考える能力を持っており,かれの美意識のあらゆる傾向は,文学の創造に関わる芸術のさまざまな形を設定することにあった。「失われた時を求めて」の中で創造された,ベルゴット,エルスチール,ヴァントゥイュという三つの人物像のコレスポンダンスは,ワグナーの総合芸術によって説明されるにふさわしいものである。永年プルーストと音楽につき研究の旅をつづけた果実として,1967年から五十余度にわたり渡欧して,主にプルーストが愛した絵画の数々につねに接し,作品と画家の人生を踏査し,プルーストが想像したヴィジョンに近づく努力をつづけた。この論文はその一端であるが,各章のなかでは作家の絵画についての審美観がいかに劇的に生まれたかを述べる。プルーストが試みる芸術の定義は,リアリズムの概念を反駁することである。プルーストはつねに芸術家たちの作品と人生を考えていたが,これらの作品を味わいながら,その生みの苦しみを知らないことを自覚していた。かれはその師セアイユの影響で,人生の究極の真実は芸術の中にあると考え,人生を崇高なものにするのは詩人の役割であると言った。科学のたゆみない進歩に比べて,芸術の進歩についてはホメロスの時代から考えるべくもないが,芸術の諸分野のあいだには兄弟関係が存在するとみたのである。造形芸術よりもむしろ音楽について感受性が高かったプルーストは,ラスキンに導かれて絵画や建築に接近した。そしてかれの時代にあまり知られていなかったフェルメールの発見へとつながる。ラスキンの近世の画家に対する偏見や矛盾を乗り越えながら,キリスト教,建築,古都などへのラスキン的巡礼を経て獲得した,ヴェネチア及びカルパッチオの知識は,プルーストの作品におびただしい風景と表現を与えているが,残されたその草稿をみると,抹消と書き直しによって次第にまったく別の性格を帯びるに至っている。プルーストは,カルパッチオから有名なデザイナーのフォルチュニーが着想を得ているのに深い関心を寄せ,このヴェネチア派の画家の作品を細心に見つめる。また戦時中に「失われた時」の出版社を変更して,作品に対する不道徳の批判をかわしつつ,シャルリュス男爵が,カルパッチオの絵に現れる町のようにパリが軍人で彩られているのに満足していることを付言する。まことにアルベルチーヌの衣装は,カルパッチオの「聖女ウルスラ」のなかの婚約者の出発の場面や「グラードの大司教」のリアルト橋のほとりの邸の場面に見いだされるのである。オランダへの旅で始めて見たフェルメールの色彩から,プルーストはあの有名な黄色の壁面の幾重にも塗られた色の深さにあこがれる。こうしたフェルメールのアクセントは作家のいわゆる文章の手本となる。ベルゴットは死に臨んで「デルフトの風景」を見て,文学創造の神秘的な本質を把握したのであった。シャルダンについての研究を書いたプルーストは,その静物(NATURES MORTES)を生きている物体(NATURES VIVANTES)と命名し直し,それをシャルダンの最大の教訓とした。プルーストは作中人物の画家エルスチールのモデルを,ワトーの絵に現れるイタリア喜劇の俳優から得ているとはいえ,シャルダンをバルザック以前の最大の日常生活の観察者として見なしている。かれはシャルダンの教訓をエルスチールに与え,現実の物を描くのにシャルダンと同じ努力を払わせようとしたのである。しかし世間はエルスチールの上に,シャルダンの絵に好んで見られるあの時間的な遠近法を想像しようとしなかった。シャルダンは,すべての事物はこれを見つめる精神の前ではみな平等であって,誤った慣習と趣味によってとらわれた理念をわれわれに捨てさせ,光りのなかでは至るところに美があることをプルーストに確認させる。芸術家のなかには芸術が気晴らしの種と思っている者がいる。しかしルノワールの場合は必ずしもそんな底の浅いものではなく,細かい議論を拒否するものがあるが,生命の感覚的な部分に直接的にすっかり溶け込んでいる。しかしプルーストはこうした概念から逆の立場にある。かれにとって芸術は人間につきまとう人生の意義の形而上的な問いに答えるべき由々しき業なのだ。第一画家は外の写実に頼る代わりにせめて対象から着想を得て,自らの芸術的素養の限りを尽くそうとする。即ちルノワールはむしろ絵画を学ぶのに風景を見つめないで,カンヴアスを眺めていた。プルーストはクロード・モネを印象主義の精髄と見なして,モネは目前に家や野原があっても,それを青や赤の四

QUELLE EST LA LITTERATURE POUR MARCEL PROUST? <<L'OEUVRE, AUX YEUX DE PROUST, RESULTE D'UNE COMBINAISON DE PLANS, SI BIEN QU'UN CONNAISSEUR POURRAIT LA LIRE COMME UN PALIMPSESTE>>, DIT LUC FRAISSE DANS SON ECRIT SUR LE SENS ESTHETIQOE DE L'ECRIVAIN.^1 AINSI QU'ON VOIT SUR SES ECRITS POSTUMES, IL AVAIT ENVISAGE LONGTEMPS LE VRAI LIVRE. POURTANT IL HAISSAIT, SEMBLET-IL, A CE QUE L'ON NOMME AUJOURD'HUI LA CRITIQUE GENETIQUE, C'ESTA-DIRE L'EXAMEN DES MANUSRITS.^2 CES DERNIERES ANNEES, CERTAINS ETUDIANTS PROPOSENT ARDEMMENT QUELQUES RAISONNEMENTS SUR LE PISTE DES LAPSUS DE L'ECRIVAIN. MEME APRES LA PARUTION DE LA NOUVELLE EDITION DE LA PLEIADE, ON CONTINUE A LA RECHERCHE DES MEMES MANUSCRITS. PAREIL A PAUL CLAUDEL, A-T-IL DEMANDE A LA POSTETITE SON PROPRE BUSTE ET UN FATRAS DE THESES DE LUI-MEME? IL N'Y RESTE AUCUN THEME SINCERE DE L'ETUDE LITTERAIRE DE CETECRIVAIN? L'ETUDE SUR L'ESTHETHIQUE DE PROUST EST ENCORE TRES RARE. J'AI DEJA MONTRE L'ETUDE SUR LA MUSIQUE ET PROUST.^3 ET MAINTENANT FAUT-IL EXAMINER SA VIE LITTERAIRE ET LA PEINTURE? LE TEMPS QUI S'ECOULE POUR DORMEUR EST ABSOLUMENT DIFFERENT DU TEMPS DANS LEQUEL S'ACCOMPLIT LA VIE DE L'HOMME REVEILLE. PROUST ETAIT UN HOMME REVEILLE DEPUIS SON ENEANCE, ET TOUJOURS REGARDEIT-IL LES FLEURS ET DES LIVRES. COMME IL ETAIT SPECIALISTE DE BOTANIQUE (DEUXIEME PRIX A 12 ANS DE SCIENCES NATURELLES ET EXPERT EN HERMAPHRODISME FLORAL), IL S'INTERESSAIT BEAUCOUP AU ROLE DE L'INSECTE DANS LA FECONDATION DES FLEURS, COMPLEMENTARITE DES MONDES ANIMAUX ET VEGETAUX. IL EN A UTILISE LA METAPHORE, PRA EXEMPLE POUR EVOQUER LE MANEGE DE SEDUCTION ENTRE LE BARON DE CHARLUS ET JUPIAN, IL L'A COMPARE AU JEU DE L'ORCHIDEE ET DU BOURDON.^4 PROUST SAVAIT DEPUIS TOUJOURS QUE LA REPRESENTATION DU MONDE EST PLUS IMPORTANTE QUE LE MONDE REEL. MAIS IL SAVAIT AUSSI QU'IL N'ETAIT PAS DONNE A TOUS DONNER VIE A CETTE REPRESENTATION, PLUS VRAIE QUE LA VERITE HISTORIQUE. IL L'AVAIT APPRIS DE BALZAC, ET AVANT DE MOURIR, IL EST PARVENU POUR GAGNER LE TEMPS DE VOIR CETTE RECONNAISSANCE. COMME RIMBAUD SE FERA "VOYANT", IL S'EST FAIT "SE SOUVENANT", ETANT DOUE D'UNE MEMOIRE ET D'UNE SENSIBILITE EXCEPTIONELLE. PROUST, A SANS PEINE VECU LA MEME MIRACLE. ET AVEC LA CERTITUDE QU'IL DEVAIT SE PRODUIRE ET PAR SON ATTENTE ATTENTIVE, IL A VU LES SURGISSEMENTS DE SES SOUVENIRS. DAILLEURS IL AVAIT <<LA TERRIBLE FACULTE DE PENSER A BEAUCOUP DE CHOSES A LA FOIS>>^6 EN OUTRE, <<LE CHAMP DE LA CONSCIENCE A PLUSIEURS PLANS>>^7 ET PUIS, <<UNE DES CHOSES QUE JE CHERCHE EN ECRIVANT C'EST DE TRAVAILLER SUR PLUSIEURS PLANS>> PRESUME-IL. TOUT LE PLAN, TOUT UN VERSANT DE L'ESTHETIQUE DE PROUST CONSISTE A SITUER DIVERSES FORMES D'ART PAR RAPPIORT A LA CREATION LITTERAIRE. SUIVANT FRAISSE, LES CHAPITRES RESTENT A PRECISER LES APPORTS DE L'ESTEHTIQUE THEATRALE DE LA PEINTURE ET DE LA MUSIQUE DANS LA DOCTRINE PROUSTIENNE. ILS SONT REPRESENTES PRINCIPALEMENT DANS LA RECHERCHE PAR LES PERSONNAGES DE LA BERNA, ELSTIR ET VINTEUIL. CETTE CORRESPONDANCE DES ARTS PEUT ETRE EN DERNIER LIEU ECLAIREE PAR CE QUE WAGNER NOMMAIT L'ART TOTAL. AINSI, CHAQUE FOIS QUE PROUST TENTE DE DEFINIR DE L'ART, C'EST EN REFUTANT LA CONCEPTION DU REALISME. EN MAI 1908,IL ECRIT A UN AMI^<10> : <<L'IMPORTANCE ET LA REALITE SUPRA-SENSIBLE DE L'ART EMPECHENT CERTAINS ROMANS ANECDOTIQUES, SI AGREABLE QU'ILS SOIENT, DE MERITER TOUT A FAIT LE RANG OU TU SEMBLES LES PLACER (L'ART ETANT QUELQUE CHOSE DE TROP SUPERIEUR A LA VIE TELLE QUE NOUS LA JUGEONS PAR L'INTELLIGENCE ET LA DEPEIGNONS DANS LA CONVERSATION, POUR CONTENTER DE LA CONTRE FAIRE.>> C'EST POURQUOI SON OEUVRE EST EN ELLE-MEME UN ART TOTAL ET ELLE CONVERGE SUR L'ART LUI-MEME. LA VISION LITTERAIRE DE PROUST SE LIE AVEC L'UNIVERS DE L'ART. VOICI SON MOT DANS LA RECHERCHE.

収録刊行物

  • 立正大学人文科学研究所年報

    立正大学人文科学研究所年報 34, 19-40, 1997-03-20

    立正大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000219315
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00249480
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    03899535
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ