植物体中の各種イオン動態からみたマングローブ 3 種の耐塩性の比較 Comparisons of salt tolerance with reference to ion distribution in mangrove species

この論文をさがす

著者

抄録

マングローブ構成樹種であるメヒルギ, オヒルギ, ヤエヤマヒルギをポット栽培し根系に400mMNaCl処理を施した後, 各器官のイオン組成の変化を調べた。また, 光合成速度, 葉厚, 根の乾物重も併せて調べた。自然環境下のヒルギ3種およびマヤプシキ, ヒルギダマシの葉部のイオン組成も調査した。これらの結果を基礎に, イオン動態からみたヒルギ3種の耐塩性について検討した。結果を要約すると以下になる。1)400mMNaCl処理によって3種ヒルギの光合成速度は低下し, その割合はメヒルギ, オヒルギ, ヤエヤマヒルギの順で大きかった(第1表)。2)400mMNaCl処理によって3種ヒルギの各器官で顕著に増加したイオンはNa^+であり, 葉部および根系における増加割合に種間差がみられ, 葉部ではメヒルギが最も大きく, 細根ではメヒルギ, オヒルギ, ヤエヤマヒルギの順であった(第3図)。3)400mMNaCl処理に伴う根の乾物重の変化とNa^+, 全窒素の増加割合から, オヒルギの主根は他の2種にはみられない特異的な機構を持つことが示唆された(第2表, 第3,11図)。4)オヒルギの葉は他の2種に比べK^+/Na^+比が低いことから, 細胞の浸透圧調節機構が異なるタイプであると推察された(第12,14図, 第3,4表)。5)ヤエヤマヒルギはNa^+の含量および増加割合は低いが, 主根のCl^-含量が高く, 自然環境下の葉の含量も高いことから, Na^+に対する根の水の選択能は優れているが, Cl^-については葉まで移送させることが示唆された(第3,4図, 第3,4表)。ヤエヤマヒルギは他の2種に比べてMg^<2+>含量が著しく高かった(第7図)。6)葉のCa^<2+>の含量に種間差がみられ, ヤエヤマヒルギ, オヒルギ, メヒルギの順で高い値を示した(第6図)。7)自然環境下のヒルギ3種は葉位におけるNa^+と全窒素に高い相関関係が認められた。

Ion distribution within different tissues was investigated in Okinawan mangrove plants, (Bruguiera gymnorrhiza, Kandelia candel, Rhizophora stylosa), precultured for one month at 400mM NaCl in greenhouse. In addition, leaf photosynthetic rates, specific leaf area, root dry weight were measured. Based on these results, the salt tolerant characteristics were compared among three species. Photosynthetic rates were more decreased at 400mM NaCl in order of Bruguiera gymnorrhiza, Kandelia candel, and Rhizophora stylosa. The K^+/Na^- ratio was lower in Kandelia candel as compared with other species. Furthermore, ion contents were measured on different leaf position for six Okinawan mangrove species from natural habitat. Na^+ content of leaf blade was increased from top to base in all species measured. Nitrogen content of the leaves was higher in Avicennia marina than the other species.

収録刊行物

  • 琉球大学農学部学術報告

    琉球大学農学部学術報告 44, 91-105, 1997-12-01

    琉球大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000219900
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00250548
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03704246
  • NDL 記事登録ID
    4381733
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-881
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ