この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

宇宙科学研究所は昭和51年から行ってきた液水/液酸ロケット開発における最終段階の試験としてステージ燃焼試験を行った。ステージ燃焼試験は最初に7トン級エンジンと小形厚肉タンクシステムを用いて, 次に10トン級エンジンを用いて行った。これらのエンジンは昭和55年と56年にそれぞれ確認試験を行っている。ステージ燃焼試験は昭和56年10月から昭和57年4月に3期に分けて8回実施し, ステージシステムが計画した性能で自立運転状態になることを確認した。また, ステージシステムの起動と停止シーケンス, およびシステムの予冷運転の方法が確立され, タンクの推進剤を過不足なく消費するためのPU制御も試みられ良好な結果が得られた。

The Institute of Space and Astronautical Science has conducted the stage firing tests of the LH_2/LOX propulsion system at the final step of verification test on the LH_2/LOX propulsion system which has been developed in ISAS since 1976. Stage firing tests were performed with the battle-ship type of tank system and the 7-ton thrust level engine for the first time and then with the 10-ton thrust level one. The performance of these engines had been already verified in 1980 and 1981 respectively. From October in 1981 through April in 1982,eight stage firing tests have been carried out and the stage performance characteristics have been verified in the self-sustained operation. The 7-ton thrust level engine worked well within the range between 84.5 and 118% of its rated power and the 10-ton thrust level one within the range between 86 and 113%. And also both the startup and shut-down sequence including the chill-down operation of engine system have been examine and established. The PU (Propellant Utilization) control have been tried in the five test runs with good results.

収録刊行物

  • 宇宙科学研究所報告. 特集

    宇宙科学研究所報告. 特集 6, 13-54, 1983-03

    宇宙航空研究開発機構

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000222622
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354485
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    02859920
  • NDL 記事登録ID
    2587622
  • NDL 雑誌分類
    ZM33(科学技術--宇宙科学)
  • NDL 請求記号
    Z15-410
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ