相互行為場面におけるコミュニケーションと権力 : 〈車いす使用者〉の エスノメソドロジー的研究 Communication and Power in Service Encounters : An Ethnomethodological Study of Wheelchair-users

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

この研究は、ヴィデオカメラによって撮影された<車いす使用者>の購買場面を会話分析の方法を用いて分析したものである。それにおいて我々は、<車いす使用者>及び<車いすを押す第三者>を含んだ日常的場面の組織化と「障害者」及び「介助者」という記述の一つの可能な結びつきを示そうとした。<BR>本稿ではまず、この研究に関連する会話分析の諸概念を提示した (第二節)。次に、この調査から得られた複数のデータに観察された、ある特定の会話と相互行為に注目した (第三節、第四節) 。さらに、こうした会話と相互行為によって構造化された場面の中で、成員カテゴリーとしての「障害者」「介助者」という枠組みが、場面参考者だけでなく観察者によってもいかに使用可能になるのかを示した。そして、そこに参与する個々人の意識や意図には還元されない場面の組織化とそれを構成する作用の現実のあり様を、一つの可能な記述として組み立てていった (第五節、第六節、第七節)。

In this study we analyze videotaped data of wheelchair-users' shopping situations from the point of view of ethnomethodological conversational analysis.<BR>First, we pay attention to certain kinds of conversations and interactions which were observed in these data. Next, we present how membership categories like 'handicapped-persons' or 'attendants' are usable to not only participants but also observers in these socially organized situations. Furthermore, we present a possible solution of the problem how descriptions like 'handicapped-persons' or 'attendant' are related to these socially organized situations.

収録刊行物

  • 社会学評論

    社会学評論 44(1), 30-45,98, 1993-06-30

    日本社会学会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000225975
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00109823
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    00215414
  • NDL 記事登録ID
    3515160
  • NDL 刊行物分類
    E23(社会学)
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL 請求記号
    Z6-265
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ