「セッティング事象」の概念分析 ; 機能的文脈主義の観点から A Conceptual Analysis of Setting Events From a View Point of Functional Contextualism

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年、行動分析学では従来の分析枠に文脈的な要因をどのように位置づけるかという問題が注目されている。本稿は、その文脈的な要因とされる概念の1つである「セッティング事象」を、行動分析学の哲学的背景である機能的文脈主義に基づいて、概念分析を実施し、その有用性を検討することを目的とした。その分析の結果、セッティング事象という概念の今後の使用方法と、検討されるべき問題とが提出された。

収録刊行物

  • 心身障害学研究

    心身障害学研究 23, 133-146, 1999-04-08

    筑波大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000237703
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00121658
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    02851318
  • データ提供元
    NII-ELS  IR 
ページトップへ