幕藩制成立期における大名の権力編成と知行制--細川氏を中心に-1-  [in Japanese] The Power Structure and Chigyou System of Daimyo in the formative Period of Bakuhan System  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

細川氏は、室町幕府の管領細川氏の流れをくみつつ、中央(統一)権力によって大名として創出され、中央政局の変転する過程で自らの権力構造をつくり上げ、ついには徳川政権のもとで将軍家をして「御譜代同前」といわしめる幕藩関係を構築するに至っている。小稿の課題は、こうした幕藩制成立期の政治変動に対処しつつつくり上げられた細川氏の権力編成の特質を、家臣団編成と知行制の側面から明らかにすることにある。その際に権力編成の政治的画期として注目したいのは中央権力による三回の「国替」と当主(藩主)の「代替」である。

Journal

  • Kumamoto journal of culture and humanities.

    Kumamoto journal of culture and humanities. (41), p1-29, 1993-02

    Kumamoto University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110000330162
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0022154X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03887073
  • NDL Article ID
    3489950
  • NDL Source Classification
    G42(日本史--安土桃山・江戸時代)
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-1115
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top