エジプトにおける安定化政策と構造調整 Stabilization Policy and Structural in Egypit

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 社会科学系 Institute of Social Science,University of Tsukuba

抄録

現在の途上国における1970年代以来の自由化の動きには,2つの重要な契機がある。そのひとつは,第二次大戦後強力な国家介入により開発を主導していった諸国が自ら経済の非効率を鑑み,自由化政策を導入していったことである。もうひとつは,多数の途上国がIMFや世界銀行(以下,世銀と略称)さらには援助供与国 ...

収録刊行物

  • 筑波大学地域研究

    筑波大学地域研究 20, 43-63, 2002-03

    筑波大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000351090
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00237324
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09121412
  • NDL 記事登録ID
    6277685
  • NDL 雑誌分類
    ZU19(書誌・図書館・一般年鑑--学術一般・博物館)
  • NDL 請求記号
    Z21-1499
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ