食品成分含有量の分布と動向に関する研究(第10報) : モロヘイヤについて Studies on Distribution and Behavior of the Contents of Components in Foods (Part X) : On the Mulnkhiyya (Corchorus Olitrius, L)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

モロヘイヤは, シナノキ科コルコラス属に属する北アフリカ原産の植物で, 葉は青しそに似た形で, 葉を刻むとドロリとした粘りがでる.今回は, 高知県南国市で数年前より新しく栽培されている, モロヘイヤを試料として各種成分含有量を測定し, その分布型の決定を試みると共にこれらの成分の特性値を求めた.ついで栽培別および部位別による各種成分含有量の変動, さらに各種元素間の相関関係について検討した.特に最近, 亜鉛の不足による味覚の障害が取り沙汰されていることもあり, 今回は亜鉛と銅の測定を加え, 合わせてこれらの相関関係についても調べた.(1)モロヘイヤの無機成分, 水分およびビタミンC含有量の分布型決定の結果, ハウス, 露地栽培共に, カルシウム, リン, 鉄, カリウム, マグネシウム, 窒素, 水分およびビタミンCは正規分布し, ナトリウム, 亜鉛および銅は対数正規分布を示した.モロヘイヤのカルシウム, 鉄, およびビタミンC含有量は他の緑黄色野菜に比べて比較的高かった.(2)ハウス栽培と露地栽培の比較では, 水分はハウス物に多く, カルシウム, 鉄, ナトリウム, マグネシウム, 銅, 窒素およびビタミンCは露地物に多かった.(3)葉と茎を比較した結果, 葉にカルシウム, リン, 鉄, 亜鉛および銅が多かった.(4)元素間の相関関係については, 窒素, リン, カリウム間では窒素とリン間のみに正の相関がみられた.亜鉛, 銅と各元素間については, 全試料では, 窒素と銅, カルシウムと銅!ナトリウムと銅間に正の相関関係が見られ, ハウス物に鉄と亜鉛, 鉄と銅, ナトリウムと銅間, 露地物にカリウムと亜鉛, 銅と亜鉛間に正の相関関係が見られた.従って, 亜鉛についてはマグネシウム間に負の傾向が, カリウム間に, 正の相関が見られた.銅については, 窒素間, カルシウム間, ナトリウム間に正の相関が見られた.又, 銅と亜鉛間では, 正の相関が見られた.(5)煮る, 操作については, 無機成分の経時的変化を調べた結果, 水より煮出すより, 沸騰水で煮出す方が無機成分は良く溶出し, 2分間経過でカリウム, ナトリウムは約25%の溶出を見た.(6)基本的調理操作を施し, 無機成分量の損失を調べた結果, 茄でる操作は損失が大きく, 次いで蒸すであった.官能検査の結果, 総合的に好ましい調理操作の順位は, (1)妙める(2)茄でる(3)蒸す(4)生の順であった.

This paper reports the latest findings in a series of studies on the frequency and distributions of the main mineral components, water and ascorbic acid containd in the Molnkhiyya in Kochi prefecture. Consequently in both outdroor and indoor cultivation, calcium, phosphorus, iron, potassium, magnesium, nitrogen, water, and ascorbic acid are in real-normal distribution. Sodium, zinc and copper are in logarithm-normal distribution. In comparing indoor ones with outdroor ones, there is more water in those grown indoors and more minerals. Nitrogen and ascorbic acid in those grown outdroors. When comparing leaves with stems, there is more calcium, phosporus, iron, zinc and copper in those leaves. As a result of examining correlations between every element a positive correlations could be found between nitrogen and phosphorus. Correlations between main mineral components and zinc will be not apper. High correlations of other elements were found between nitrogen and copper, between sodium and copper.

収録刊行物

  • 高知学園短期大学紀要

    高知学園短期大学紀要 21, 551-564, 1990-09-30

    高知学園短期大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000409977
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00083162
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    03894088
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ