情報化社会の国際化と日本語 (学術情報分野) Globalization of Information Society and Japanese Language

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

現在世界的な規模で進行しつつある、社会の情報化と国際化に伴い、日本語とその表記法とは、いま新たな問題に直面している。すなわち、言語学的には世界でもっともやさしい部類に属する日本語が、世界でもっとも複雑な表記法を用いているが故に、外にはなかなか国際的に受け入れられず、内には情報化の出発点となる機械可読化、すなわち入力が複雑で非能率、かつストレスの多い作業となることである。本稿では、長期的な課題として、いかにして日本語の表記を国際化するかについて、また短期的な課題として、いかにして現在の表記法のままの文章を能率よく、かつ楽に入力するかについて、考察する。

Because of the arrival of global information society, the Japanese language and its writing system now face new challenges. In spite of the fact that the Japanese language belongs to the structurally simplest category in the world, it has the most complex writing system, and, therefore, it is not readily embraced in the world theater, while it is also cumbersome, inefficient and stressful to render into machine readable form for processing. In this note, we shall examine some possible means to make the writing system more globally acceptable as a long-term prospect, and also some possibilities to streamline its input process as a short-term task.

収録刊行物

  • 学術情報センター紀要

    学術情報センター紀要 9, 33-71, 1997-03

    国立情報学研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000466518
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10015340
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09135022
  • NDL 記事登録ID
    4207486
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館) // ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z21-1585
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ