フィリピン・ポホール島におけるマングローブの伝統的利用とその開発による影響について Traditional Utilization of Mangrove Forests and their Exploitation Effects in Bohol Island, Philippines

この論文をさがす

著者

抄録

フィリピンでは,1960年代以降,マングローブ林の開発が急速に進展しており,それらの土地の多くは養殖池に転用されてきた。本稿は,(1)地元住民がどのようにマングローブを利用してきたのか,(2)養殖池建設によって住民生活にどのような影響が生じているのかを,具体的な村落調査に基づいて把握しようと試みたものである。対象地域は,ボホール島の南西部に位置するマリボホック町リンコッド集落である。26戸での聞き取り調査の結果,マングローブの中でも特にニッパヤシの葉を材料とするニッパ・シングル作りが,集落にとって重要な産業であること,またマングローブ地域は重要な漁場として機能していることが明らかとなった。しかし,1980年頃からマングローブ林地の一部は養殖池に転用されてきた。ニッパヤシ工芸の関係者や漁業従事者はこれを大きな脅威として受け止めているが,養殖池での賃労働に依存する住民も少なくない。すなわちマングローブ林の開発は,地元住民に対して不利益と利益を同時に与えている。住民の属性(職業など)や階層による違いに注目しながら,このような関連性をいかに見極めるか,評価するかが重要な課題となる。

収録刊行物

  • 人文論叢 : 三重大学人文学部文化学科研究紀要

    人文論叢 : 三重大学人文学部文化学科研究紀要 18, 1-17, 2001-03-25

    三重大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000468436
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10045090
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    02897253
  • NDL 記事登録ID
    5863416
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1301
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ