タンパク質の消化吸収に対する食物繊維の影響

この論文をさがす

抄録

食物繊維が,他の栄養素の消化を妨げるという作用に着目し,食物繊維の種類や摂取量によるタンパク質の消化吸収への影響を調べた。結果は次の通りである。1)精製したセルロースパウダーは,殆ど影響を及ぼさなかった。2)ごぼうの繊維を,多く摂取するほど消化率は低下した。3)ごぼうに含まれる種々の繊維の分析を行い,タンパク質の消化吸収に影響を及ぼしている繊維は何かを追求し,また,食物繊維を長期間に渡って摂取すると,どの様に消化率に影響を及ぼすか,今後検討していきたい。本実験に御協力頂きました江藤圭子,春日麗子,加庭桂子,神戸香の諸氏に感謝致します。

収録刊行物

  • 和洋女子大学紀要. 家政系編

    和洋女子大学紀要. 家政系編 31, 17-24, 1991-03-31

    和洋女子大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000472227
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1012144X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09160035
  • NDL 記事登録ID
    3735927
  • NDL 刊行物分類
    SC226(衛生学・公衆衛生--食品衛生・栄養学)
  • NDL 雑誌分類
    ZE16(社会・労働--家事・家政--学術誌)
  • NDL 請求記号
    Z6-2715
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ