マクロビオティックについて  [in Japanese] A study on Macrobiotics  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

マクロビオティックとは英語で, 日本語訳は「禅式長寿法, 自然食の食事法」とある.ベジタリアニズムの一種で, その食事内容は, 玄米・菜食中心で, 時として魚介類や卵を食べることもある.人々がベジタリアンを選ぶ理由は, 思想・信条的理由, エコロジーへの配慮のため, あるいは, 社会的倫理的信念からなど, いろいろある.最近, アメリカでは, 疾病の予防や健康の向上のためにベジタリアン食が選択されることが多くなってきた.1970,80年代からベジタリアンに関する学術論文も増えてきており, ベジタリアン食を摂取している人たちは, ある種のガン, 虚血性心疾患, 高血圧症, 糖尿病の罹患率が明らかに低いということが知られている.本報では, ベジタリアンの全体像をとらえ, この中でマクロビオティックについて, 起源・内容などを紹介する.また, マクロビオティックに関する学術論文から栄養的側面もとらえる.

Journal

  • Journal of Nagoya Bunri College

    Journal of Nagoya Bunri College 26(0), 45-52, 2001

    Nagoya Bunri University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110000473104
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10179020
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0914-6474
  • NDL Article ID
    5814817
  • NDL Source Classification
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL Call No.
    Z19-845
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top