大学生の精神保健に関する研究 : 機能不全家族とアダルト・チルドレン Mental Health of College Students : Dysfunctional Families and Adult Children

この論文をさがす

著者

    • 笹野 友寿 Sasano Tomohisa
    • 川崎医療福祉大学学生相談室・川崎医科大学地域医療学教室 Department of Counseling Room, Kawasaki University of Medical Welfare
    • Department of Nursing, Kawasaki College of Allied health Professions

抄録

看護大学生56名を対象として, 機能不全家族とアダルト・チルドレンの関係について調査した.機能不全家族尺度(DF尺度)とアダルト・チルドレン尺度(AC尺度)の間には, 有意な正の相関が認められた.DF尺度で特に注目すべき項目は, 「期待が大きすぎて何をやっても期待にそえない家庭」「他人の目を気にする表面だけ良い家庭」「嫁姑の仲が悪い家庭」であった.また, AC尺度で特に注目すべき項目は, 「私は常に承認と称賛を求めている」「私は過剰に責任を持ったり過剰に無責任になったりする」「私は衝動的である」であった.そして, データを解析した結果, 大学生の精神保健活動において, DF得点が4点以上で, AC得点が12点以上の者については, アダルト・チルドレンを念頭に置いて, 精神科医または臨床心理士が面接することが望ましいと思われた.なお, アダルト・チルドレンのACODとACOAの間には, 異種性が存在する可能性が示唆された.

This study was carried out to screen the mental health of nursing college students. Fifty-six nursing students underwent psychological testing using the Dysfunctional Family Scale (DFS) and Adult Children Scale (ACS). DFS and ACS were correlated statistically. The statistical DFS scores were as follows ; median 1.000,mean 3.125,standard deviation 4.121,skewness 1.670 and kurtosis 5.766. Therefore, it is suggested that students with a DFS score above 4 points should be interviewed by a psychiatrist or clinical psychologist. The statistical ACS scores were as follows ; median 7.000,mean 7.196,standard deviation 4.757,skewness 0.518 and kurtosis 2.708. Based on these results, it is suggested that students with an ACS score above 12 points should be interviewed. Also, there appears to be a heterogeneity between the two groups, i.e., the ACOA type and the ACOD type.

収録刊行物

  • 川崎医療福祉学会誌

    川崎医療福祉学会誌 8(1), 47-53, 1998

    川崎医療福祉大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000479235
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10375470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09174605
  • NDL 記事登録ID
    4543832
  • NDL 雑誌分類
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL 請求記号
    Z6-3791
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ