大豆煮汁廃液を用いたポリ-γ-グルタミン酸の生産 Production of poly-γ-gultamic acid from liquid waste of boiled soybeans

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1. 大豆煮汁を培地にして粘質物を産生する菌を土壌から36株を分離した。2. 大豆煮汁の蛋白質をプロテアーゼMで加水分解した液体培地を用いて保存菌株と分離株のP-γ-GAの生産を調べた。3. 粘質物の生産量の多かった1株, Bacillus subtilis NRRL B-2612株によるP-γ-GAの生産における培養温度は37℃, 初発pHは6.4であった。4. 大豆煮汁で作られた粘質物が, NMRの測定よりγ結合で有る事, グルタミン酸含量が多い事とグルタミン酸のDL比が6 : 4とD型が多い事, 分子量が210万と大きい事より, P-γ-GAであると確認された。

Thirty six strains of soil microbes which produced slime on liquid waste produced from boiled soybeans were isolated. Production of poly-γ-glutamic acid (P-γ-GA) from strains stocked in the laboratory and isolated from soil were tested in the liquid medium of liquid waste products from boiled soybeans, the protein of which was hydrolyzed by protease M (Amano). The culture conditions for production of P-γ-GA by Bacillus subtilis NRRL B-2612,which produced large amounts of slime, were 37℃ for the incubation temperature and 6.4 initial pH. Slime produced form liquid waste of boiled soybeans was determined to be P-γ-GA from the results of γ-bond NMR measurement, large content of glutamic acid, a DL ratio of 6 : 4,and a molecular weight of 2.1 million.

収録刊行物

  • 福岡女子大学人間環境学部紀要

    福岡女子大学人間環境学部紀要 29, 63-66, 1998-02-25

    福岡女子大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000485989
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1052367X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13414909
  • NDL 記事登録ID
    6404262
  • NDL 雑誌分類
    ZE16(社会・労働--家事・家政--学術誌)
  • NDL 請求記号
    Z6-391
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ