<書評論文>Wasserman と Faust の Social Network Analysis : 社会的ネットワーク分析におけるその価値と位置づけについて Social Network Analysis by Wasserman and Faust :Its Value and Position in Social Network Analysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本の社会的ネットワーク研究は、パーソナルネットワーク研究に偏りがある。より構造主義的なネットワーク分析への関心がもっと高まるべきである。WassermanとFaustによる<I>Social Network Analysis: Methods and Applications</I>は、構造主義的ネットワーク分析を学ぶために優れた教科書である。しかし、社会的ネットワーク分析の範疇にありながら本書から抜け落ちていることもあるし、本書出版以降も社会的ネットワーク分析は発展しつづけている。これらを概観することによって、社会的ネットワーク分析の全体像を見通し、そこでの本書の位置づけを明らかにしたい。

     Social network analysis in Japan is biased toward personal network research. More attention should be paid to structurally oriented researches. <I>Social Network Analysis</I> by Wasserman and Faust is a great textbook for learning structural analysis. However, this textbook is not totally exhaustive, and there have been further developments in social network analysis since this textbook was published. By looking over those aspects, I attempt to clarify the position of the book within social network analysis.

収録刊行物

  • 理論と方法

    理論と方法 16(2), 253-259, 2001

    数理社会学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000511841
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10096921
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    書評
  • ISSN
    09131442
  • NDL 記事登録ID
    5989681
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL 請求記号
    Z6-2199
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ