アクセルロッド理論再考 : インブリーディング・バイアスが集団安定性条件に及ぼす影響について (<特集>アクセルロッド・パラダイスの展開) Axelrod's Theory Reconsidered

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アクセルロッドはシミュレーション・ゲームと数理モデルの双方向から、しっぺ返し(応報:TFT)戦略が強いことを示唆した。しかし、その推論過程については、期待利得の考え方、割引率の考え方などに問題があるように思われる。本稿はアクセルロッドの集団安定性理論においてはアドホックにしか取り上げられていなかった「内輪づきあい」の概念を、偏ネット理論で用いられているインブリーディング・バイアス概念によって理論的に取り込み、それが集団安定性条件に影響を及ぼす仕方を中心に検討する。その結果、TFTもアクセルロッドが強調するほどには強い戦略ではないことを示す。

     Axelrod's <I>The Evolution of Cooperation</I> (1984) asserts, both from results of computer tournaments he organized and from a mathematical analysis of a model he constructed, that Tit-for-Tat is a powerful strategy. However, the conceptual scheme on the basis of which he computed the expected value has some theoretical flaws. The present paper attempts to re-formulate his conceptual scheme by the introduction of the notion of ‘inbreeding bias’ which is now nicely treated in literature of social networks, and by dropping the idea of ‘discount parameter’ which we see does not fit into the problems of collective stability of a certain strategy. We find that Tit-for-Tat remains somewhat strong under our re-formulation, but is so only under some restricted conditions.

収録刊行物

  • 理論と方法

    理論と方法 8(1), 33-50, 1993

    数理社会学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000512077
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10096921
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09131442
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ