日常性と非日常性が交差するとき  [in Japanese] The Time When the Daily Life Intersects the non-Daily Life  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

現在、「生活の質」の在り方が問われているが、そのための生活様式は、断片化されている。ここでは、「生活」を総体として把握するために、その生活空間を「日常性空間」、「非日常性空間」として把握し、その相互浸透の状態を論理的に定式化することにしたい。<BR>もちろん、日常性空間とは、「生活の場」、「労働の場」をいみし、個人の生活経験、生活史の集積した「場」である。それに対して、非日常性空間は、様々に考えられるが、「遊びの場」とすると、自由、解放の機能を担うものである。そして、両空間を明らかにするためには、人びとの演技、リズム、表現、さらには、共感、共振、共生、共鳴などの「共」現象、想像力の在り方が問題になる。<BR>確かに、近代社会は、非日常性を軽視することによって成り立っているとしても、実際には、日常性と非日常性の交差するところに、個人の復活の可能性があろう。労働も遊戯も、リズム性、社会的欲求、それによる共同性という点では、共通している。また、日常性空間に氾濫する情報は、日常性をパッケージしているが、それととともに、その意味作用は、われわれを非日常性へと誘う。このように「共」現象というとき、情報と人間の共生、情報の意味との共振も必要になる。さらに、個々人、日常性空間の深層―表層という視点も望まれ、その間の循環、深層と非日常性の関係の把握は、「生活の質」のために不可欠になろう。

The main purpose of this article is to describe the relationship between daily space and non-daily space. In fact, the way of thought, and our needs or wants are fragmented by the rationality of modern society, so that the integrated way of life is desired. The content of this discussion is as follows. First, we focus the concept of daily space consisting of the place for labor and life. Second, we discuss the performance and rhythms of our acts. Third, if we can find fluctuations in the structure of our society, there are many possibilities for innovation. Fourth, the non-daily life is concerned with violence, madness, and play. In truth, the play is non-productive, uncertain, fictitious, and free. Fifth, the nature of information in the daily space is observed, and finally the depth and surface of our activities are formalized. The play expresses the freedom by the imagination or capability of sympathy. Our quality of life will be secured by our life experiences in the daily or non-daily space.

Journal

  • Contemporary Sociological Studies

    Contemporary Sociological Studies (4), 81-102, 1991

    Hokkaido Sociological Association

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110000523154
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10176598
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0915-1214
  • Data Source
    NII-ELS  J-STAGE 
Page Top