インターネットを利用した日本語教師に対する教材制作支援--「みんなの教材サイト」http://www.jpf.go.jp/kyozai/の構築と運用  [in Japanese] Developing and Managing "MINNA NO KYOZAI SAITO(http://www.jpf.go.jp/kyozai/)," a Web-based Community for Japanese-Language Teachers that Facilitates the Development of Teaching Materials  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

国際交流基金日本語国際センターでは、海外の日本語教育支援事業の一環として、2001年4月より海外の日本語教材制作を支援するためのウェブサイト「みんなの教材サイト」の構築に着手し、2002年5月に第一次開発を終了し運用を開始した。本サイトの趣旨および目的は、(1)世界のいかなる地域の日本語教師でも活用できること、(2)著作権許諾の手続きを必要とせず、自由に活用できる日本語教育用素材を提供すること、(3)利用者が素材・情報を受容するだけでなく発信もできる双方向性を確保すること、(4)教材に関する日本語教師間の相互交流を促進させ、教師の専門性発達に寄与すること、の四つにまとめることができる。本サイトのデザインおよび開発においては、コンピュータによる協調学習支援(Computer Supported Collaborative Learning:CSCL)研究の知見を理論的枠組みとし、教材制作を通しての教師の専門性発達を支援するために、教師教育における内省アプローチの考え方を取り入れた。開発段階においては、利用者にとって使いやすいウェブデザインをどのように実現するか(ウェブユーザビリティ)を重視した。まず、「みんなの教材サイト」の開発背景とそれに基づく機能概要について述べ、次に、第一次開発の実際とそこで行われた「状況に埋め込まれた評価」の試みを報告する。さらに、サイトの継続性を保つことを旨とした運用の実際と運用に関する評価について述べる。それらの結果をふまえ第二次開発では、(1)コンテンツの拡充、(2)利用者検索の充実、(3)利用者同士の双方向的やりとり機能の追加を行っている。最後に、今後の課題として、非母語話者利用者への支援のありかた、そして海外の日本語センターとの連携、さらに内外の教師支援サイトとの連携を考えていく必要がある。

Journal

  • 日本語国際センタ-紀要

    日本語国際センタ-紀要 (13), 1-18, 2003

    国際交流基金日本語国際センタ-

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110000936970
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10391138
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09172939
  • NDL Article ID
    6550672
  • NDL Source Classification
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL Call No.
    Z13-4486
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  IR 
Page Top