南宋画院の詩書画 : 三絶の視点から The Three Perfections in Southern Song Academy Painting

この論文をさがす

著者

抄録

詩と書と画に優れることを意味する詩書画三絶は中国文人の理想であった。書画と併称されるように絵画は書と密接な関係があり、書と画は根本的に一致すると考えられてきた。詩文は直接的に画題を絵画に提供する場合もあるが、両者は情景描写という点で共通することから、画を「無声詩」、詩を「有声画」と呼んできた。本論は詩書画三絶の視点から南宋画院の絵画について考察を試みた。文人画の理論をあえて宮廷絵画に当てはめることにより、南宋画院絵画の性格が明確となるのではないかと考える。まず詩書画三絶とは何かについて、主要画史での三絶の用例を追いながら述べ、次いで南宋画院のあり方に強い影響を与えた徽宗朝画院の状況を考察する。そして南宋画院の初期を代表する李唐と中期の画院最盛期の中心画家馬遠の事例分析を通して、画院画院の画と詩および書との関係について述べその芸術性を探る。

収録刊行物

  • 人文論叢 : 三重大学人文学部文化学科研究紀要

    人文論叢 : 三重大学人文学部文化学科研究紀要 20, 161-170, 2003-03-25

    三重大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000961943
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10045090
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    02897253
  • NDL 記事登録ID
    6580247
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1301
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ