歴史的地域素材の教材化とその特色 : 「古里かるた わたしたちの八橋・寺内」を事例として Development of Teaching Materials as Cultural Heritage : A Case of a Traditional Japanese Style Card Game Developed in Yabase/Terauchi Area

この論文をさがす

著者

抄録

「古里かるたわたしたちの八橋・寺内」は,1979-1980(昭和54-55)年の野尻滋校長期(1978-1982)に秋田市立八橋小学校で作成された「郷土かるた」である.野尻氏はその後,同じ秋田市の他地域を題材に5つのかるたを作成している.県単位ではなく市町村単位の同一地区で,計6つの「郷土かるた」が作成された例は他に類をみない.本研究では,主に歴史的視点を中心とした地域素材の教材化について,この「八橋・寺内かるた」を具体的事例としてその作成過程を明らかにするとともに,同じ秋田市の「郷土かるた」である「土崎郷土かるた」,全国的に著名な「上毛かるた」との比較によりその題材における特色を明らかにした.「八橋・寺内かるた」は,いわば学校が生み出した文化である.こうした教材は,その作成者のみならず,作成の舞台となった学校において継承・発展されることによって,地域文化としての意義を有する.それは,これまで個別に開発・「消費」される教材を,他の教員,当該学校として共有化することであり,ひいては地域の文化として継承することである.

The purpose of the present paper is to record the history of Furusato Karuta (or a traditional Japanese style card game) that was developed on the basis of the materials taken from the history and culture of one local area, Yabase, in Akita prefecture. The game was developed by Mr. Nojiri, a former principal of Yabase elementary school, during the period of 1979 to 1980. Mr. Nojiri has since developed another five sets of card games for his pupils. This type of card games comprises an important aspect of cultural heritage, thus, assuming an important role of handing it down from generation to generation at school as well as in the area where the school is located. The present paper is an attempt to record a process of developing these works, thereby highlighting their unique features in comparison with other similar types of card games, Tsuchizaki karuta and Jomo karuta, each of which had been developed independently in different areas.

収録刊行物

  • 秋田大学教育文化学部教育実践研究紀要

    秋田大学教育文化学部教育実践研究紀要 25, 17-30, 2003-03

    秋田大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000970124
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11532120
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13449214
  • NDL 記事登録ID
    6708017
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1111
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ