イギリスにおける「絞首台からきた男」(AT366)の諸相  [in Japanese] Some Perspectives on "A Man from the Gallows" (AT366) in Britain  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 美濃部 京子 MINOBE Kyoko
    • 静岡文化芸術大学文化政策学部国際文化学科 Faculty of Cultural Policy and Management Department of International Culture Shizuoka University of Art and Culture

Abstract

話型「絞首台からきた男」(AT366)の話は、イギリスにおいては「黄金の腕」や「ちいちゃいちいちゃい」などの類語を中心にたいへん人気のある話であるし、日本においても同様の話は「こんな晩」などの形で若者を中心によく語られる話として知られている。本稿では「絞首台からきた男」の話型について、イギリスの類語を比較する。また、これらの話は他の話型である「赤ずきん」のサブタイプである「カテリネッラ」(AT333A)や「苦悩から解放された魂」(AT326A)の類話とも、語りの形式において共通する点が見られる。こうした比較を通して、『昔話の型』では「魔法昔話」に分類されているこれらの話が、実際には「形式譚」として分類したほうが望ましいことを論ずる。

Journal

  • Shizuoka University of Art and Culture, bulletin

    Shizuoka University of Art and Culture, bulletin 2, 1-7, 2001

    静岡文化芸術大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110000975603
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11576760
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13464744
  • NDL Article ID
    6285236
  • NDL Source Classification
    ZK1(芸術)
  • NDL Call No.
    Z71-F770
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top