「トリックス・アンド・ヴィジョン 盗まれた眼」展について On "Tricks and Vision"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 尾野 正晴 ONO Masaharu
    • 静岡文化芸術大学文化政策学部芸術文化学科 Faculty of Cultural Policy and Management Department of Art Management Shizuoka University of Art and Culture

抄録

1968年に、東京のふたつの画廊で開催された「トリックス・アンド・ヴィジョン」展は、トリッキーといわれる美術を集大成した、画期的な展覧会であった。企画者は、美術評論家の中原佑介と石子順造である。国内から19名の美術家が参加したが、そのうち6名は、静岡周辺に在住していた。トリッキーな美術は、その外見ゆえに、安易な美術と見なされることが多いが、視覚のあいまいさを視覚化した点で、再度見直されるべき価値があるように思われる。また、世界的に見ても、当時、他にあまり例を見ない動向でもあった。今回の研究の目的は、「トリックス・アンド・ヴィジョン」展はどのようなむのであったか、またそれは、我が国の戦後美術の流れのなかで、どのような位置にあったか、以上二点を検証することである。

The exhibition "Tricks and Vision" held at two galleries in Tokyo in 1968 was an epochal exhibition,covering comprehensively art which usually has been considered tricky. It was organized by art critics,Yusuke Nakahara and Junzo Ishiko. Six out of the nineteen Japanese artists who participated lived around Shizuoka. Because of its outward appearance, tricky art has been regarded often as an easy art, but I think it is worthy of reevaluation now as it visualizes the ambiguity of vision. It was also a rare movement internationally as there has been no similar movement in other parts of the world.The purpose of my research is to verify two points;what was the "Tricks and Vision" exhibition and what position did it occupy in the flow of Japanese postwar art.

収録刊行物

  • 静岡文化芸術大学研究紀要

    静岡文化芸術大学研究紀要 2, 69-78, 2001

    静岡文化芸術大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000975615
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11576760
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13464744
  • NDL 記事登録ID
    6285300
  • NDL 雑誌分類
    ZK1(芸術)
  • NDL 請求記号
    Z71-F770
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ