牛乳及び乳成分によるニンニク臭の抑制機構について Suppression of Garlic Odor by Milk or Milk Components

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ニンニク磨砕物に蒸留水,牛乳,乳脂肪,カゼイン,乳清をそれぞれ加え,発生するニンニク臭気量を比較した。蒸留水のみを添加したときの臭気発生量を100%とすると,牛乳,乳脂肪,カゼインなどの添加は臭気を80〜20%減少させたが,乳清は減少させなかった。次にニンニクより粗アリイナーゼ及び臭気成分前駆体を調製し,(1)カゼインとアリイナーゼ(2)カゼインと臭気成分前駆体をそれぞれ混合して4℃に20時間放置した後,(1)には臭気成分前駆体,(2)にはアリイナーゼを加え,ニンニク臭が発生するか否か検討したところ,どちらにも発生が認められ,その量も共に対照と差異はなかった。以上から,カゼインはアリイナーゼが臭気前駆体に作用し臭気を発生させる反応に影響を与えないと結論した。一方,カゼインと臭気成分モデル化合物であるジアリルジスルフィドを混合すると,雰囲気中のジアリルジスルフィド量が減少し,さらに,混合後のカゼイン(無臭)からこの化合物をエタノール抽出によって回収することが出来た。このことから,カゼインによるニンニク臭抑副作用は,臭気成分がカゼイン蛋白に吸着されることによるものと考察した。

It is well known that garlic odor in expiration is suppressed on drinking milk. The suppression mechanism by milk or milk components was studied in this experiment. When garlic homogenate and milk (or milk components, casein, fat) were mixed and placed in a sealed bottle, the garlic odor in the head space was suppressed 80-20 %. Among the components, whey could not depress. The garlic odor in the head space was analyzed by HPLC after being collected by absorbing into ethanol which was also placed in the sealed bottle as shown in Fig. 2. Casein, which suppressed the odor most was used to investigate the suppression mechanism. Garlic odor was produced from both casein-treated odor precursor and casein-treated allinase (enzyme), indicating that the suppression was not caused by an interaction of casein and the precursor, or of casein and the enzyme. The odor was then recovered by extraction with ethanol from the casein which absorbed the odor. From the results, it was concluded that the suppression was caused by the hydrophobic bond between odor component and hydrophobic regions of casein molecule.

収録刊行物

  • 岐阜大学農学部研究報告

    岐阜大学農学部研究報告 63, 145-151, 1998-12-26

    岐阜大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000976773
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00053423
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    00724513
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ