「幻触 1968年」展報告 Report on the Exhibition "Genshoku 1968"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 尾野 正晴 ONO Masaharu
    • 静岡文化芸術大学文化政策学部芸術文化学科 Faculty of Cultural Policy and Management Department of Art Management Shizuoka University of Art and Culture

抄録

昨年度の学部長特別研究では、静岡の美術グループ「幻触」に焦点を当てた。「幻触」とは何か、また、それは我が国の戦後美術の流れのなかにどう位置づけられるか、などを研究したわけだが、その結果、「幻触」は、1968年に、東京のふたつの画廊で開催された「トリックス・アンド・ヴィジョン」展でひとつのピークに達したことが明らかになった。今年度の学部長特別研究は、同展に出品されたか、その前後に制作された「幻触」の主要メンバーの作品を大学ギャラリーに集めて、同展の雰囲気を可能なかぎり再現することを目的とした。また、「幻触」の機関誌、展覧会ポスター、「幻触」の精神的な支えともいえる故石子順造の著作などの関連資料もあわせて展示した。添付した「幻触一主な活動の記録」は、未確認の項目もあるが、「幻触」の動向に関する現時点での最も詳しい記録である。

With last year's special research grant.l focused on "Genshoku," an art group in Shizuoka Prefecture.studying what was "Genshoku" and what position does it take in the streams of postwar art in Japan.As a result it became clear that "Genshoku" reached its peak with the exhibition "Tricks and Vision" held in two galleries in Tokyo in 1968. With this year's special research grant,! Tried to reproduce the atmosphere of "Tricks and Vision" as much as possible with works which were actually exhibited at the exhibition and those executed by the principal members around this period.The journals of "Genshoku,"exhibition posters as well as related materials such as the publications by the late Junzo Ishiko who was a spiritual prop of the members, were also on display.Although it contains some unconfirmed data,"The Record of the Major Activities of 'Genshoku'"is the most detailed record of this art group up to the present.

収録刊行物

  • 静岡文化芸術大学研究紀要

    静岡文化芸術大学研究紀要 3, 61-72, 2002

    静岡文化芸術大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000990009
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11576760
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13464744
  • NDL 記事登録ID
    6505826
  • NDL 雑誌分類
    ZK1(芸術)
  • NDL 請求記号
    Z71-F770
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ