幾春別川「桂沢ダム」周辺の白亜系についての研究  [in Japanese] Study on the Cretaceous System around the Katsurazawa Dam on the Ikushumbetsu River  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

現在は桂沢湖とよばれる人工貯水湖のもとに没しているが,筆者が,ダム建設(昭和32年)以前に踏査したルートマップをもとにして,桂沢ダムサイト周辺の地質図(縮尺5000分の1)を作成した。その図面上に,アンモナイト,イノセラムス等の化石産地をプロットして,本地域に分布する白亜系中上部蝦夷層群の分布をあきらかにした。さらに,GS2(Second Green Sandstone)とよばれる鍵層について,その岩相とメガフォシルとの関係について若干の考察を試みた

Journal

  • Annual report

    Annual report 4, 119-131, 2003-07-20

    Fukada Geological Institute

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001026534
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11607660
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top