日本におけるスプレッドタイプ地すべりの事例 Examples of spread type landslides in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

スプレッドタイプの地すべりに関しては,日本ではこれまで兵庫県三田盆地の古第三系神戸層群における1例をのぞいて報告がなかった。しかし,房総半島では関東大地震のときに沖積地においてスプレッドタイプの変動が発生していたことが明らかになり,福島県更新世の塔のへつりカルデラ,新潟県中央部新第三系,長崎県第三系北松地すべり地域などにおいてもスプレッドタイプの地すべりの事例が多数見い出された。これらの地形的特徴を記載するとともに,地質的素因および運動像とくに運動速度について考察し,さらに防災上の問題点を検討した。地震時には地すべり災害防止の上で斜面に接した微少の傾斜を持つ沖積地が問題になる。また,第三系の地すべり地域では現状ではほぼ安定状態にある。しかし,スプレッドタイプ地すべり地形の中に集落が立地している場合が多く,誘因によっては再活動を引き起こし,災害となる可能性がある。

収録刊行物

  • 財団法人深田地質研究所年報

    財団法人深田地質研究所年報 4, 133-153, 2003-07-20

    財団法人深田地質研究所

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001026535
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11607660
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • NDL 記事登録ID
    6673851
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z74-C53
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ