社会構築主義における批判と臨床 Social Constructionist Critique and Clinical Medicine

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

健康と病気の社会構築主義は, 生物医学モデルを批判し, 社会モデルを採用した.そして, 健康と病気を生命現象ではなく社会現象と見なした.そのためもあって, 社会構築主義において批判と臨床は乖離することになった.そこで, 健康と病気の社会構築主義は心身モデルを採用した.心身モデルとゲノム医学モデルは連携して, 心理・社会・身体の細部に介入する生政治を開いてきた.<BR>これに対して, 生権力と生命力がダイレクトに関係する場面を, 別の仕方で政治化する道が探求されるべきである.

The social constructionist approach to health and illness has criticized the biomedical approach, and has adopted social models. Health and illness were considered to be not biophysical but social phenomena. As a result, the critical stance of social constructionism could not have any clinical effect on the sick. It therefore adopted psychosomatics. But psychosomatics and molecular genetics have given rise to new biopolitics, which have intervened in psychology, society, and the body.<BR>We consider health and illness as phenomena of biopower. Therefore, we will investigate how biopower should be politicized.

収録刊行物

  • 社会学評論

    社会学評論 55(3), 209-222, 2004

    日本社会学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001037542
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00109823
  • 本文言語コード
    UNK
  • 資料種別
    特集
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0021-5414
  • NDL 記事登録ID
    7217600
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL 請求記号
    Z6-265
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ