日本人学校における技術・家庭科教育および情報教育の現状(第2報) : 台湾在住の児童・生徒を対象に Actual Condition of Industrial arts and Home Economics, Information Education in Japanese School (2nd report) : Students in Taiwan

この論文をさがす

著者

抄録

台北、台中、高雄日本人学校における技術・家庭科関連施設や授業観察などを行い、技術・家庭科教育の実態を明らかにした。また,日本人学校の生徒を対象に技術・家庭科学習および技術・家庭科観、情報機器に関する知識や経験についてアンケート調査を実施した。その結果、次のような知見を得たので報告する。技術・家庭科を男女がともに学習すべきで、日常生活に役立ち、生活に必要な技術を学習する教科としてとらえていた。技術学習では、パソコン使用や木材加工の楽しさを、家庭科学習では調理実習の楽しさを中学部の生徒が回答していた。技術・家庭科学習の必要性を児童・生徒は十分認識しているので、興味・関心を引き出す指導を工夫することが必要である。また、パソコンやインターネットに対して、男女ともに関心が高い現状が明らかになった。したがって、各教科での活用方法を工夫し、IT時代における情報機器の更なる活用を検討すべきである。

収録刊行物

  • 大分大学教育福祉科学部研究紀要

    大分大学教育福祉科学部研究紀要 26(1), 151-165, 2004-04

    大分大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001039381
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11327096
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13450875
  • NDL 記事登録ID
    6975509
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-264
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ