第一次大戦後のチェコスロヴァキアの言語法 Das Sprachengesetz der Tschechoslowakei im jahre 1920

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 加来 浩 Kaku Hiroshi
    • 弘前大学教育学部社会科教育講座 Department of Social Studies, Faculty of Education, Hirosaki University

抄録

第一次世界大戦後にハブスブルク帝国から独立したチェコスロヴァキアでは,全人口の約1/4,300万人以上のドイツ人(いわゆるズデーテン・ドイツ人)がそれまでの支配民族の地位から転落して最大の少数民族集団となった。チェコスロヴァキアは連合国と結んだ条約に基づき, ドイツ人を初めとする少数民族の権利の保護規定を憲法に盛り込んだが,憲法と同時に制定された言語法ではチェコ語(チェコスロヴァキア語)のみを「国家語」(公用語)と認定するなどチェコ語に非常に有利なものであり,少数民族の立場から見ると,むしろハブスブルク帝国時代より「後退」でさえあった。このことはズデーテン・ドイツ人の大きな不満の種となった。

収録刊行物

  • 弘前大学教育学部紀要

    弘前大学教育学部紀要 92, 19-26, 2004-10

    弘前大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001042077
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00211590
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    04391713
  • NDL 記事登録ID
    7127296
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z22-83
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ