ペットボトル入り飲料に関する研究  [in Japanese] Study of the Drink with the PET Bottle  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

大学生410名を対象とし,500mlのペットボトル飲料の利用状況について調査を行った。また,開栓後の500mlのペットボトル飲料の細菌の繁殖状況を一般生菌法で測定した。その結果,ほとんどの大学生がペットボトル飲料を利用しており,保存によって細菌が大量に繁殖することが明らかになった。特に直接口をつけて飲んだ場合には,長期間の保存が可能とは苦いがたく,開栓後は冷蔵庫内で保存し,開栓当日遅くても1日後に飲みきることが必要である。また,飲用後のペットボトル容器に別の飲料を移し香え水筒として再利用することは衛生上安全であるとは言いがたい。

Journal

  • Bulletin of the Faculty of Education, Hirosaki University

    Bulletin of the Faculty of Education, Hirosaki University (92), 133-145, 2004-10

    Hirosaki University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001042089
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00211590
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    04391713
  • NDL Article ID
    7128021
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z22-83
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top