伝統的復仇概念の法的基礎とその変容 : 国際紛争処理過程における復仇の正当性 Le fondement juridique de la notion de <<represailles>>en droit international classique

この論文をさがす

収録刊行物

  • 立教法学

    立教法学 67, 23-83, 2005-02-10

    立教大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001065318
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00249130
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    04851250
  • NDL 記事登録ID
    7264683
  • NDL 雑誌分類
    ZA11(政治・法律・行政--法律・法律学)
  • NDL 請求記号
    Z2-47
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ