遠隔送気時における内分泌動態 Endocrine Responses during Remote Qi Emission

この論文にアクセスする

著者

抄録

気功法の異なるレベルの高い気功師3名により遠隔送気を行い、約2〜4km離れたそれぞれ2名づつの受信者における静脈血中のコルチゾール、アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン、β-エンドルフィンなどの変動を測定した。遠隔送気40分後において血漿コルチゾール及びノルアドレナリンが有意に減少し、アドレナリンも減少傾向を示した。これらのことから受信者はストレスが緩解し、リラックスし、交感神経活動水準が低下していることが考えられる。遠隔送気時においても対面時と同様な変化が認められ、遠隔送気が受信者に何らかの影響を及ぼしていることが示唆された。

Three qigong masters who possessd high-level of qigong technique, but of different method of the technique, participated in a remote qi emisson experiment. Six receivers were located 2〜4km away from the sender. Levels of cortisol, adrenaline, noradrenaline, dopamine, and β -endorphin in venous blood were simultaneously measured to investigate any changes. After remote qi emission was applied to the receivers for a period of 40 minutes, plasma cortisol and noradrenaline declined significantly. The adrenaline level also declined. Consequently, the receivers were relieved of stress and relaxed. This was believed to be caused by a decline in the sympathetic nerve activity. Similar changes were acknowledged in remote qi emission and qigong therapy. This suggested that the remote qi emission affected the receivers.

収録刊行物

  • 国際生命情報科学会誌

    国際生命情報科学会誌 19(1), 216-222, 2001

    国際生命情報科学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001091843
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    1341-9226
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ