小学校での現実的な利用条件に配慮した遠隔共同学習システムの開発  [in Japanese] Development of Distance Collaborative Learning System in Consideration of the Practical Side of Elementary School  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

小学校の情報教育環境の現状に配慮した遠隔共同学習システム「こちらこねっと情報局」を開発した.本システムの開発にあたっては, 従来の電子掲示板システムの機能に加えて, 小学校の現状の導入機器やソフトウェアのみで参加できること, 学校による行事等の違いがあって途中参入が可能なこと, 課題が深まるようキャラクターによるシステム上の支援を取り入れたことなどの特徴を持たせた.参加児童総数800名を得て現実に稼働した運用実績と, 利用度の高い児童への質問紙法による調査の結果, これらの設計要件が十分に機能していることが確認された.

Journal

  • Educational Information Research

    Educational Information Research 15(4), 43-50, 2000

    Japan Society of Educational Information

Cited by:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001092505
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10084172
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0912-6732
  • NDL Article ID
    5428759
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-1876
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top