長時間単純作業のストレス負荷に対する香り効果の脳波変化 EEG Changes in Odor Effects after the Stress of Long Monotonous Work

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

8名の健常成人を対象として, 内田・クレッペリンテストを用いたストレス負荷に対する香りの効果を脳波を用いて検討した。被験者には4種類の香り(ペパーミント, ベルガモット, ラベンダー, サンダルウッド)とコントロールとして空気が暴露された。ストレス負荷によりα帯域の徐波成分が増加し, 皮質の非活性化が起こることが示唆された。ストレス負荷後の香り刺激において, コントロールでδとθ帯域の振幅が増加したが, 他の香りでは徐波の増加はなかった。ペパーミントではβ_1とβ_2帯域の振幅が他の香りに比較して有意の増加していた。これらの結果から, 香り刺激はストレス負荷後の覚醒度の低下を防ぐ効果のあることが示唆された。とくにペパーミントは興奮作用のような覚醒度の上昇を示した。

Odor effects after the stress task(Uchida-Kraeppelin test)were evaluated by EEG changes in 8 normal adults. The subjiects were exposed to 4 odors(peppermint, bergamot, lavender, sandalwood)and the control(air). The amplitude of the slow α amplitude increased just after the stress task, which may indicate cortical deactivation. When exposed to the 4 odors or control(air), the latter had increased δ and θ amplitude, while the former had no increase. Peppermint significantly increased β_1 and β_2 amplitudes compared with the other odors. These results suggest that the odor stimuli may prevent reduction of arousal level after the stress task, peppermint epsecially raised the arousal level, which may indicate an excited effect.

Journal

  • Journal of International Society of Life Information Science

    Journal of International Society of Life Information Science 19(2), 271-278, 2001

    International Society of Life Information Science

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001095352
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1341-9226
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top