福祉機器開発の基礎・実践・教育(<特集>福祉機器開発の基礎から実用・その哲学)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

福祉機器は,生活の質のための機器であり,使用者のニーズによって開発され,使用者によってその価値が判断される.したがって本当の意味での最適な開発者は,その機器を必要としている障害者である. WHOの国際障害分類が改定され,社会的不利は参加となった.これによって,今まで以上に福祉機器の幅が広がることを確信する.また現在の福祉機器の必要性は,社会環境の未整備,周囲の偏見や理解不足,生活環境によって作り出されていると考えられる.したがって,普遍的に必要な福祉機器の開発は大変な仕事であると思う.

Journal

  • Journal of the Society of Biomechanisms

    Journal of the Society of Biomechanisms 26(4), 174-176, 2002

    Society of Biomechanisms

References:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001096758
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00334047
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    0285-0885
  • NDL Article ID
    6366204
  • NDL Source Classification
    ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL Call No.
    Z14-853
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top