「情報化の影」に配慮した情報教育の在り方(2) : 動物飼育ゲームに見る小学生の意識

この論文をさがす

著者

抄録

昨今、小学生を中心に、「たまごっち」などの動物飼育ゲームが大流行している。動物飼育に関して、ゲームの中での仮想体験と小学生の意識には、どのような関連性があるのかを、質問紙法によって調査した。その結果、6年生でさえ、約2割の児童が、ゲームの中の動物を「生きている」と認識していることが判明した。また、ゲームの仮想体験に対する意識と、動物の飼育経験やゲームに対する興味・関心との間に、一定の関連性があることも浮かび上がった。しかし、ゲームに対する興味・関心は、実際の動物飼育に対する興味付けにも役立ち、実体験への橋渡しになる可能性も示唆している。

収録刊行物

  • 年会論文集

    年会論文集 (14), 62-65, 1998

    日本教育情報学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001097279
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11400083
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ