デジタルカメラを使った発表活動における児童の変容の追跡  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

毎朝,始業時に一人ずつ行うスピーチ活動において,デジタルカメラを活用した.その結果,メデイアが日常化され,児童のスピーチが変容してきた. また,児童が撮影してくる映像にも変化がみられた.実践で蓄積された記録をもとに,児童のスピーチ活動の変化について分析した.

Journal

  • 年会論文集

    年会論文集 (14), 218-219, 1998

    日本教育情報学会

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001097328
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11400083
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Proceedings
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top