中枢神経系による塩分摂取制御機構  [in Japanese] Control of salt-intake behavior by central nervous system  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 渡辺 英治 WATANABE Eiji
    • 岡崎国立共同研究機構・基礎生物学研究所・形質転換生物研究施設、さきがけ研究21「情報と細胞機能」 National Institute for Basic Biology and PREST of Japan Science and Technology Corporation

Abstract

体液中の塩分濃度は、主として脳と腎臓で検出される。脳における塩分濃度の検出機構は永らく不明だったが、最近、脳にナトリウムセンサー分子が存在することが明らかになってきた。このセンサー分子はナトリウムチャンネルの一種であり、脳の塩分濃度検出器官である脳室周囲器官に特異的な発現している。本センサー分子は、塩分の過剰摂取を抑制することにより、高血圧を代表とする生活習慣病を未然に防いでいると考えられる。本総説ではナトリウムセンサー分子と考えられるNA_Xチャンネルの機能や特性について概説する。

Journal

  • The Japanese journal of taste and smell research

    The Japanese journal of taste and smell research 10(2), 207-216, 2003-08-01

    The Japanese Association for the Study of Taste and Smell

References:  32

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001098864
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11426393
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    13404806
  • NDL Article ID
    6674689
  • NDL Source Classification
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL Call No.
    Z19-B394
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top