脳波・脳磁界計測における脳内信号源推定法  [in Japanese] Estimation of neural activity distribution from neuromagnetic and electroencephalographic measurements  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 岩木 直 Iwaki Sunao
    • 産業技術総合研究所 ライフエレクトロニクス研究ラボ Life Electronics Laboratory, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology
    • 外池 光雄 Tonoike Mitsuo
    • 産業技術総合研究所 ライフエレクトロニクス研究ラボ Life Electronics Laboratory, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology

Abstract

MEGあるいはEEGを脳機能イメージング手法として用いる場合、計測されたデータから対応する脳内の神経電流源(神経活動)分布を再構成する必要がある。ここでは、MEG・EEG計測データに適用可能な、少数個の電流双極子等による脳内活動の非常に単純化したモデリングに依存しない、脳内神経活動分布再構成手法の紹介と、それらの高次脳機能関連実測MEGデータへの適用結果について述べる。

Journal

  • The Japanese Journal of Taste and Smell Research

    The Japanese Journal of Taste and Smell Research 9(1), 67-76, 2002

    The Japanese Association for the Study of Taste and Smell

References:  28

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110001100640
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11426393
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1340-4806
  • NDL Article ID
    6133528
  • NDL Source Classification
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL Call No.
    Z19-B394
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top